世界基準のバイオトイレ 始めました!

これまで長い間バイオトイレに携わってきました。日本一とは言わないまでも、新潟県では一番バイオトイレに詳しい男なのではないかと思っています。

海外には様々な自己処理型トイレが存在することは知っていましたが、国内で流通するのはこういう製品なのだろうという固定観念があったことも事実です。

極めてニッチな市場である自己処理型トイレは、その閉鎖性ゆえに製品の高価格を招き、市場の拡大を阻害しています。

エンバイオレットロゴ

当社では、閉塞しているバイオトイレ市場に新風を

巻き起こすため、このたび新商品の取扱いを始めました。 

それが35年以上の実績をもつ、カナダのサンコール工業のエンバイオレットシリーズです。 

 

エンバイオレットシリーズの詳細はコチラからどうぞ。

 

エンバイオレットにはいくつかの特徴があります。

 

その1.低価格 

  バイオトイレに興味があり、問い合わせてはみたけれど価格を聞いて断念したお客様、

  申し訳ありませんでした。 今度は大丈夫です。 ( 価格はコチラをご覧ください )

その2水洗式もあります

  エンバイオレットは4つのタイプをご用意しています。

  1. WSC水なし 一体型
  2. WRS水なし コンポストユニット別置
  3. 小水量(0.5L) コンポストユニット別置 → 水洗式
  4. フラッシュスマートVF(0.2L) コンポストユニット別置 → 水洗式

 その3.12v仕様もあります

  エンバイオレットはすべてのタイプで12v仕様もお選びいただけます。

  ソーラー発電にも相性のよい12v仕様で、シンプルなトイレシステムを組立てられます。

  (もちろんAC仕様もあります)

その4.無電化仕様もあります

  WSC WRS 小水量(0.5L)タイプは電源不要タイプもお選びいただけます。

  (処理能力は電源ありタイプに比べるとやや下がります)

その5.DIYで取り付けできます

  エンバイオレットは北米やヨーロッパなどではホームセンターでも販売しています。 

  腕自慢の方であればご自分でバイオトイレの取り付けができます。

  (弊社での施工も承ります)


エンバイオレットシリーズの詳細はコチラからどうぞ。